生田流正派 箏・三絃 小田原雅楽幸(うたゆき) 教室
| HOME | Site Map |

日本の文化・伝統芸能を大切に 【生田流正派 箏・三絃】

生田流箏曲 雅楽幸会small logo 花
生田流正派大師範 小田原雅楽幸
生田流箏曲へのおさそい


皆様 こんにちは!このサイトにお越しの皆様はきっと邦楽に関心をお持ちの方、これから箏や三絃・尺八など学んでみたいとお思いの方でしよう。いま私たちのまわりには、ピアノ・ギター・ヴァイオリンなどはどこのご家庭でも見かけることが多いのですが、箏・三絃・尺八・琵琶などは 残念ながら少ないのが現状ではないでしょうか。日本の土壌に育ち、先人が築いてきた大切な財産、文化・芸能を誇りをもって世界に発信できますよう、一人でも多くの方が関心を深め、学習していただけますよう念じております。平成14年以来ようやく義務教育の場に和楽器の演奏が取り入れられるようになりました。また平成18年に公布・施行された新しい教育基本法「教育の目標」の中では「伝統と文化を尊重し……」 とあります。少しずつ邦楽を学ぶ環境が整い、若い世代に広がり・浸透していきますようお役に立てれば、未熟ではございますが、邦楽の末端を担う徒にとりまして、この上ない喜びでございます。「正しく・楽しく・仲良く」をレッスンの目標にいたしてます。
どうぞお気軽にご参加下さい。(全日本邦楽普及連盟会員)
生田流正派 大師範 小田原雅楽幸
生田流箏曲 正しく・楽しく・仲良く

趣味として生活に彩を添え演奏を楽しみたい。准師範・師範(生田流正派)などの免状を取得したい、など学習される方の目的に応じたカリキュラムを組んでます。また発表会・地域の文化祭・流派を越えた和文化のイベントなどへも参加いたしております。箏や三絃(生田流箏曲では三味線を“さんげん”と言います)などを学習することをよくお稽古事と言いますが、稽古=「古(いに声楽と邦楽の夕べしえ)を稽(かんが)える」という意の通り伝統文化・芸能を学ぶことにほかなりません。日常のレッスンを通じて、自然に関心を深め身につくことが大切です。学習を始めて3ヶ月くらいで三段の調べが弾けるようになります。
箏曲では六段に始まって六段に終わるといわれるほど六段という曲は、奥の深い曲ですが習得に1年くらいがめやすです。もちろん稽古には楽しいことばかりでなく、苦しいこともありましょう。これはどうしても避けて通れない道なのです。芸事にこれで良しという終着はありませんが、一歩一歩その先に見える「楽しみ」のための 一里塚と思い頑張りましょう。私たちはこの道を正しい方法で、みんなで楽しく、仲良く通っていけますようお手伝いをさせていただきます。

▲ページトップ
HOME | Site Map | © 2007 Utayukikai All right reserved